×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラシの釣りを徹底解説

グレ釣りをしていてサラシが出始めると、グレとの遭遇確立が上がる事が一般的です。

このため、適度なサラシが出始めることは喜ばしい事なのですが、その反面、サラシが出始めたという事は、天候が荒れ気味なってきていることを意味します。

海は一度荒れ始めると、人間の手ではどうすることも出来ないです。非常に危険な状態になります。要するに好ポイントになるはずのサラシも出始めると十分に注意が必要となるわけですね。

サラシが出始めて、グレの食いが良くなった・・・

非常に良く聞かれる話ですが、一説には「泡のベールが出て、グレから人間が見えなくなった」とか、「サラシの中ではハリスが見えない」とか、ホンマかいな?と言う話がたくさんあります。

グレが人間の気配を感じなくなったとか、ハリスが見ないとかいった、当て推量の話は、ほとんどが経験則から来るもので、これはこれで参考に十分値する知識だと思います。だた、どうでしょうか・・・

潮がもまれる事で、海中の酸素の含有量が増えて、それに伴って、プランクトンの動きが活性化する、このため、グレをはじめとする魚類の活動も活発になる・・・

こういう理屈の方が納得できるんじゃないか・・・、なんて思います。

サラシのグレ釣り・仕掛け注意点は

サラシは、基本的に表面上の流れが強く、中の流れは、それほどでもないか、適度に流れている場合多いです。上潮に仕掛けを取られないように流す事が肝心です。

  • ナギの時の仕掛けでは通用しない
  • 強い払い出しに負けない仕掛けを選択する必要がある
  • 完全フカセよりも、ガンダマをシッカリと打つほうが良い場合が多々ある
  • ウキごと沈めて、仕掛けを安定させる釣り方が勝る場合がある

サラシの釣りで、注意しなければならないのは、上潮に仕掛けを取られないようにする事です。

ビギナーの方に良くあるのが、サラシにまともに仕掛けを入れて、仕掛けが吹っ飛ばされてポイントからかなり離れた所で仕掛けが落ち着く・・・

これでも釣れない事は無いですが、これでは、せっかくのサラシが台無しです。

サラシの釣りでは、サラシの脇から道具を入れて、サラシに掛かる時には、仕掛けが立っている状態(馴染んでいる状態)を演出する必要があります。

サラシの脇が手の届かないポイントの場合は、大オモリを使用するとか、マイナス負荷のウキを使用するとか、いろいろ手を考えないとダメですが、基本的にはサラシの脇から仕掛けを入れて馴染ます。こうするほうが得策になる事が多いです。

基本的に、サラシの釣りではエサ取りがやや少ない場合が多いです。少々ガンダマをくれてやっても、グレが乱舞するような状況であれば、ガンダマを多めに打つほうが手返しも良くなります。

しかも、食いが立っているような状態であれば、アタリも鮮明で、穂先を引っ手繰っていくようなアタリを見せます。爆釣を誘発するのも、このような状況ですね。

では、サラシの釣りの注意点、もう二つ見てみましょう

サラシのグレ釣り・マキエとタモいれ

上潮がぶっ飛ぶサラシの釣りでは、マキエの打ち方が大変重要な部分を占めています、具体的には・・・

  • 極力サラシに直接マキエをしない
  • サラシの脇から、マキエをして、サラシの下に素早くマキエを潜らせる
  • サラシの脇にマキエが出来ない時は、強い払い出しが落ち着く瞬間を見計らって、とにかく、サラシの勢いでマキエがぶっ飛んでいかないように心得る

サラシに直接マキエをして、サラシの勢いに乗せてしまうと、広範囲にマキエを拡散させる事になります。こうなると、ポイントが非常に絞りにくくなります。

また、水温の高い時期なら、サラシでマキエを広範囲に拡散させると、エサ取りを大量に呼び込んでしまって、そのポイントはお終いになることもあります。

マキエは、サラシに直接打つのではなくサラシの脇に打つようにした方が得策になる事が多いです。

もう一つのサラシを釣る際の注意点は、タモ入れです。

サラシがうねっている瞬間は、タモ入れが非常にやり難いです。実際私も、これは当たってきたのがハマチでしたが、うねるので非常にタモ入れに難儀した事があります。しかもどう言うわけか、一回タモに入れそこなうと、魚の元気が多少は回復するのでしょうか?(やったね♪、とか思うんかな?)メチャクチャ暴れまわられることがあります。

それでなくても足場も悪ければ、サラシがガンガン出て、海も暴れているような状況です。サラシ場でのタモ入れは、本当に難儀をします。

お友達を同礁されていたら、すくってもらうのも有りと思います・・・

では続いて、サラシのグレ釣りの基本をいって見ましょう!

関連サイト

尾長グレの釣り
狙いは60cmオーバーの巨グレ一本勝負
がまかつの磯竿
磯竿と言えばやっぱり「がまかつ」独特の調子で魚が浮いてくる
グレ釣りの基本と法則
基本を知って無いとグレは、中々思うように釣れません
炎の海釣り
釣魂で釣る気迫の海釣り!